類推認識の談話様態分析

저작시기 2010.12 |등록일 2011.02.21 파일확장자어도비 PDF (pdf) | 20페이지 | 가격 6,000원
다운로드
장바구니관심자료
상세신규 배너

* 본 문서는 배포용으로 복사 및 편집이 불가합니다.

서지정보

발행기관 : 한국일본어문학회 수록지정보 : 일본어문학 / 47권
저자명 : 박청국

목차

〈要旨〉
1. はじめに
2. ?容確認の類推?態
3. ?容?用の類推?態
4. おわりに
?考文?

한국어 초록

談話での類推は聞き手が話し手の発話をより的確に受けとめようとする動機による類型と話し手とは異なる観点から発話を認識することにより生ずる類推に大別することができる。本研究では前者を内容確認の類推と称してその様態を五つの類型に分類して考察した。発話のメカニズムは異なっていても五つの類型の底辺を流れる発話の動因は言われた原発話をより的確に受け止めようとする聞き手の談話欲求の発露の一点に集約された。もう一つの様態に話し手が言われた原発話を異なる観点から認識発話することにより生ずる類推があった。これは談話に登場する人物を聞き手側の立場から認識することがその典型となる。本稿ではこうした類推を内容応用の類推と称してその類推が誰にも同じく可能であるか否めかを基準に客觀的類推と主觀的類推と分け、前者を「内容応用の客觀的類推」後者を「内容応用の主觀的類推」と称して考察してみた。続いて主観的客観的を問わ内容応用の類推の発話の仕組みを三つに分けて考察してみた。因みに、内容応用の類推様態の分類はその形態だけで決められるわけにはいかないことを例を中心に調査してみた。聞き手の発話がただ原発話の概念の外延の表現と改変された発話は原発話を的確に了解したり原発話から他の情報を認知した表示でもないので類推の範疇からは外れるべきであるがその例外になる言い方に関して考察してみた。

영어 초록

談話での類推は聞き手が話し手の?話をより的確に受けとめようとする動機による類型と話し手とは異なる?点から?話を認識することにより生ずる類推に大別することができる。本?究では前者を?容確認の類推と?してその?態を五つの類型に分類して考察した。?話のメカニズムは異なっていても五つの類型の底?を流れる?話の動因は言われた原?話をより的確に受け止めようとする聞き手の談話欲求の?露の一点に集約された。もう一つの?態に話し手が言われた原?話を異なる?点から認識?話することにより生ずる類推があった。これは談話に登場する人物を聞き手側の立場から認識することがその典型となる。本稿ではこうした類推を?容?用の類推と?してその類推が誰にも同じく可能であるか否めかを基準に客觀的類推と主觀的類推と分け、前者を「?容?用の客觀的類推」後者を「?容?用の主觀的類推」と?して考察してみた。?いて主?的客?的を問わ?容?用の類推の?話の仕組みを三つに分けて考察してみた。因みに、?容?用の類推?態の分類はその形態だけで決められるわけにはいかないことを例を中心に調査してみた。聞き手の?話がただ原?話の?念の外延の表現と改?された?話は原?話を的確に了解したり原?話から他の情報を認知した表示でもないので類推の範疇からは外れるべきであるがその例外になる言い方に?して考察してみた。

참고 자료

없음
  • 구매평가(0)
  • 구매문의(0)
      최근 구매한 회원 학교정보 보기
      1. 최근 2주간 다운받은 회원수와 학교정보이며
         구매한 본인의 구매정보도 함께 표시됩니다.
      2. 매시 정각마다 업데이트 됩니다. (02:00 ~ 21:00)
      3. 구매자의 학교정보가 없는 경우 기타로 표시됩니다.
      4. 지식포인트 보유 시 지식포인트가 차감되며
         미보유 시 아이디당 1일 3회만 제공됩니다.
      상세하단 배너
      우수 콘텐츠 서비스 품질인증 획득
      최근 본 자료더보기
      상세우측 배너
      상세우측 배너
      類推認識の談話様態分析
      페이지
      만족도 조사

      페이지 사용에 불편하신 점이 있으십니까?

      의견 보내기