고대 동서양에서의 예술장르로서의 시문학의 성립경위

저작시기 2010.04 |등록일 2010.08.16 파일확장자어도비 PDF (pdf) | 37페이지 | 가격 6,000원
다운로드
장바구니관심자료
상세신규 배너

* 본 문서는 배포용으로 복사 및 편집이 불가합니다.

서지정보

발행기관 : 동아시아일본학회 수록지정보 : 일본문화연구 / 34권
저자명 : 김채수

목차

서론
제1장 고대동서양 문화의 성립과 고대오리엔트문명
제2장 고대오리엔트지역의 시문학의 성립경위
제3장 고대동서양에서의 시문학의 성립경위
결론
참고문헌
논문초록

한국어 초록

本研究では古代東西洋文化の成立過程での古代オリエント文明の役割、古代オリエント地域での詩文学の成立経緯、古代東西洋での詩文学の成立経緯に関して考察した。
東西洋の古代の成立時点は西洋のギリシャ地域と東洋のインド地域にオリエント地域から紀元前20世紀以前に青銅器文化が伝わり、ク往タ島とインダス川流域に王国が建設され、象形文字段階の文字が使われ始めた時期だろう。しかし、当時の文字がまだ解読されてないので、古代を鉄器文化の伝播時点に設定せざるを得ない。地理的次元での古代東西洋の概念は、インドㆍヨーロッパ語族のヨーロッパ語に属する言語、SVO型の統辞構造の言語が使われるエーゲ海と黒海の西側が西洋であり、SOV型の統辞構造の言語が使われたエーゲ海と黒海の東側が東洋である。
青銅器文化が造り出した古代メソポタミアとエ彌プト文学は韻文で記述されている。古代メソポタミアとエジプトの人間は死後世界、不滅の神たちの人間への愛と人間の神たちへの称揚などを韻文として記録した。
古代東西洋での文学は詩の形で存在していた。詩の本質が言葉の持つ韻律にあるという点を考えると、古代東西洋での芸術ジャンルとしての詩文学は不滅の超越的存在の前で死から逃れられない人間の感情を音に表現する音楽を基盤として成立されたと言える。

영어 초록

本?究では古代東西洋文化の成立過程での古代オリエント文明の役割、古代オリエント地域での詩文?の成立?緯、古代東西洋での詩文?の成立?緯に?して考察した。
東西洋の古代の成立時点は西洋のギリシャ地域と東洋のインド地域にオリエント地域から紀元前20世紀以前に?銅器文化が?わり、ク往タ島とインダス川流域に王?が建設され、象形文字段階の文字が使われ始めた時期だろう。しかし、?時の文字がまだ解?されてないので、古代を?器文化の?播時点に設定せざるを得ない。地理的次元での古代東西洋の?念は、インドㆍヨ?ロッパ語族のヨ?ロッパ語に?する言語、SVO型の統?構造の言語が使われるエ?ゲ海と?海の西側が西洋であり、SOV型の統?構造の言語が使われたエ?ゲ海と?海の東側が東洋である。
?銅器文化が造り出した古代メソポタミアとエ彌プト文?は韻文で記述されている。古代メソポタミアとエジプトの人間は死後世界、不滅の神たちの人間への愛と人間の神たちへの?揚などを韻文として記?した。
古代東西洋での文?は詩の形で存在していた。詩の本質が言葉の持つ韻律にあるという点を考えると、古代東西洋での芸術ジャンルとしての詩文?は不滅の超越的存在の前で死から逃れられない人間の感情を音に表現する音?を基盤として成立されたと言える。

참고 자료

없음
  • 구매평가(0)
  • 구매문의(0)
      최근 구매한 회원 학교정보 보기
      1. 최근 2주간 다운받은 회원수와 학교정보이며
         구매한 본인의 구매정보도 함께 표시됩니다.
      2. 매시 정각마다 업데이트 됩니다. (02:00 ~ 21:00)
      3. 구매자의 학교정보가 없는 경우 기타로 표시됩니다.
      4. 지식포인트 보유 시 지식포인트가 차감되며
         미보유 시 아이디당 1일 3회만 제공됩니다.
      상세하단 배너
      우수 콘텐츠 서비스 품질인증 획득
      최근 본 자료더보기
      상세우측 배너
      상세우측 배너
      상세우측 배너
      고대 동서양에서의 예술장르로서의 시문학의 성립경위
      페이지
      만족도 조사

      페이지 사용에 불편하신 점이 있으십니까?

      의견 보내기