[개별연구] 일본문학의 사상-『호조키』(方丈記)에 관련하여-

저작시기 2002.10 |등록일 2009.04.22 파일확장자어도비 PDF (pdf) | 16페이지 | 가격 6,000원
다운로드
장바구니관심자료
상세신규 배너

* 본 문서는 배포용으로 복사 및 편집이 불가합니다.

서지정보

발행기관 : 동아시아일본학회 수록지정보 : 일본문화연구 / 7권
저자명 : 김현희

목차

Ⅰ.서론

Ⅱ.본론

Ⅲ.결론



논문초록

영어 초록

『方丈記』の全妓述內容の先導するライトモチフとして、彼がく無常〉の原理をここに切

り取ったことは、一讀して明らかである。序における一節は生滅と恒常という人生の根本に關 わる事柄を、蓮自がいかに把握したかを示している。その代表的形象として、流水とうたかた

(水の泡)といった維摩の十轍として知られているものにたとえているのは、諸家の指摘どお

り古代から中世にかけての精神史のなかに置いてみると、言うまでもなく當時の傳統的な常識 であり、作者か『維摩經』の十喩などによって傳敎的理念を身につけていた故であろう。

『維摩經』に銀らず、『金剛般若經』などの傳典では刻刻に生滅する水の泡は、急念に生死を くり返す人聞の象衛として取り上げられるのが普通である。それ故に、傳家が無常を說くとき は、誰しもが踏まえる表現であって、「此の身の危く脆ければ、朝顔の露、水の泡、あだに賴 もしからぬなり」(止觀)というように、常に口の端にのぼる常套句であったとも言える。それならば、『方丈記』の序は、そのような慣用句を用いて美文を構成したにすぎないものだろうか。彼にそれかといってその無常觀が、右の史實や歌の意味からも現實の積極的、肯定的側面には眼を蔽う、單なる敗者的哀感よは見られないであろう。從來の『方丈記』評倆の大きな 欠陷が、この序章に端的にあらわれている。

本考で私は、「方丈記」論者の多くが、とのく無常〉觀を目にして詠嘆性とか情調的か稱していることに疑義を述へてきた。もし、そのようにうけとめるとすれま、それは河の流れやうたかたのイメジから讀者が勝手に詠嘆しているからではなかろうか。無常觀をムドとしてうけとり、そのムドで、この簡潔にして明析な、感情のなまの流出をおさえた的確な比喩を讀み誤ってしまうからではなかろうか。『方丈記』の無常觀が、人と栖の變遷ㆍ流轉を悲しみ 歎く、感傷的、訪く嘆的なそれとばかりの解稗はできないのである。

참고 자료

없음
  • 구매평가(0)
  • 구매문의(0)
      최근 구매한 회원 학교정보 보기
      1. 최근 2주간 다운받은 회원수와 학교정보이며
         구매한 본인의 구매정보도 함께 표시됩니다.
      2. 매시 정각마다 업데이트 됩니다. (02:00 ~ 21:00)
      3. 구매자의 학교정보가 없는 경우 기타로 표시됩니다.
      4. 지식포인트 보유 시 지식포인트가 차감되며
         미보유 시 아이디당 1일 3회만 제공됩니다.

      찾던 자료가 아닌가요?아래 자료들 중 찾던 자료가 있는지 확인해보세요

      더보기
      상세하단 배너
      우수 콘텐츠 서비스 품질인증 획득
      최근 본 자료더보기
      상세우측 배너
      상세우측 배너
      [개별연구] 일본문학의 사상-『호조키』(方丈記)에 관련하여-
      페이지
      만족도 조사

      페이지 사용에 불편하신 점이 있으십니까?

      의견 보내기