일본어학(日本語학),일본어교육학(日本語敎育學) 편(編) : 춘계국제심포지엄 ; 인간과 자연의 공생: 환경,언어,지역으로 본 일본문화 : 대한제국관보(大韓帝國官報)에 나타나는 일본어 어휘와 그 수용실태에 대하여

저작시기 2011.01 |등록일 2012.02.14 파일확장자어도비 PDF (pdf) | 18페이지 | 가격 5,300원
다운로드
장바구니관심자료
상세신규 배너

* 본 문서는 배포용으로 복사 및 편집이 불가합니다.

서지정보

발행기관 : 한국일어일문학회 수록지정보 : 일어일문학연구 / 78권 / 1호 / 101 ~ 118 페이지
저자명 : 김지연 ( Ji Yeon Kim )

없음

영어 초록

この硏究は近代の韓國語に受容された日本語語彙の硏究の一つとして、大韓帝國『官報』に受容された日本語語彙について考察したのである。韓國で『官報』が發行されたのは、1894年6月からであるが、發行された時期と主體により、三つに分けて考えられる。日本に國權を奪われるまで、(1894年6月から1910年)舊韓國政府が發行した大韓帝國『官報』と、もう一つは日本の植民地であった36年間、朝鮮總督府が發行した朝鮮總督府「官報」がある。そして、日本の植民地から解放された、1948年9月1日から大韓民國政府が發行した「官報」があるが、本稿で扱っているのは大韓帝國の時期に發刊された『官報』である。公文書である「官報」に告示された語彙は中央の政府はもちろん、地方の官廳まで傳われるので、その波及效果は相當なものである。また、「官報」に告示された內容は法律的な效力を持つ。もう一つ、注目すべきところは大韓帝國『官報』が最初は純漢文體であったが、漸次的に漢文混淆文(國語漢文混用文)で發行されたことである。大韓帝國『官報』に受容された日本語語彙數を調査した結果、大韓帝國『官報』には1,967個の單語が使用された。大韓帝國『官報』に受容された日本語語彙の語種には漢字語が壓倒的に多かった。その次が固有日本語、外來語、混種語の順である。また、大韓帝國『官報』に受容された日本語語彙は一部の西洋外來語を除いては、大體漢字表記語である。このように漢字は日本語語彙を韓國に導入するにおいて、重要な役割をしたのである。大韓帝國『官報』に受容された單語の中で漢字で表記されたのは、語種に關係なく、全部韓國の漢字音で讀まれた可能性が高い。近代の韓國語の語彙の成立には樣樣な要素が複雜に絡まっている。最初は中國の影響を受けたが、1890年代以降には、日本語の影響が大きかった。この意味で大韓帝國『官報』は、韓國の近代語彙の成立問題の硏究に重要な價値があると思われる。今後、今回の論文が殘した課題を補いながら『官報』についての硏究を續けて、大韓帝國『官報』が近代の韓國語の語彙の成立に及ぼした影響を明らかにしたい。

참고 자료

없음
  • 구매평가(0)
  • 구매문의(0)
      최근 구매한 회원 학교정보 보기
      1. 최근 2주간 다운받은 회원수와 학교정보이며
         구매한 본인의 구매정보도 함께 표시됩니다.
      2. 매시 정각마다 업데이트 됩니다. (02:00 ~ 21:00)
      3. 구매자의 학교정보가 없는 경우 기타로 표시됩니다.
      4. 지식포인트 보유 시 지식포인트가 차감되며
         미보유 시 아이디당 1일 3회만 제공됩니다.

      찾던 자료가 아닌가요?아래 자료들 중 찾던 자료가 있는지 확인해보세요

      상세하단 배너
      우수 콘텐츠 서비스 품질인증 획득
      최근 본 자료더보기
      상세우측 배너
      상세우측 배너
      일본어학(日本語학),일본어교육학(日本語敎育學) 편(編) : 춘계국제심포지엄 ; 인간과 자연의 공생: 환경,언어,지역으로 본 일본문화 : 대한제국관보(大韓帝國官報)에 나타나는 일본어 어휘와 그 수용실태에 대하여
      페이지
      만족도 조사

      페이지 사용에 불편하신 점이 있으십니까?

      의견 보내기