日本語學,日本語敎育學 篇 : 新聞廣告文のヘッドラインにおけるルビの用法

저작시기 2011.01 |등록일 2012.02.14 파일확장자어도비 PDF (pdf) | 17페이지 | 가격 5,200원
다운로드
장바구니관심자료
상세신규 배너

* 본 문서는 배포용으로 복사 및 편집이 불가합니다.

서지정보

발행기관 : 한국일어일문학회 수록지정보 : 일어일문학연구 / 78권 / 1호 / 327 ~ 343 페이지
저자명 : 권익호 ( Ik Ho Kwon ) , ( Kitazawa Akihiko )

없음

영어 초록

ルビの本來的機能は漢字表記の讀みを助けることにあるが、實際の文においては、讀み方を表示するだけではなく、文の表現效果を高めるため修辭的に用いられるなど、ルビが多樣な使われ方をしている。本稿では、限定されたスペ―スにおいて受信者の情緖に訴求しなければならない廣告のヘッドラインにおいて、ルビがどのように活用されているかを新聞廣告を資料に分析した。分析の結果、ルビが本文の讀みを助けるために使われているヘッドラインは半數以下であることが明らかになった。本文の讀みを助けるルビにおいても、商品の時代性を訴求したり、商品イメ―ジを訴求するために假名だけではなく、外國語やロ―マ字が使われているヘッドラインや、漢字の難易度に關係なくルビが施されているヘッドラインを收集できた。また、本文の讀みを助けるという機能を超えて、近似の意味の語を漢字とルビによって表現し、廣告における語のイメ―ジを多面的にしているヘッドラインや、本來の讀みとは結びつかない修辭的で一回性の機能によって特殊な表現效果を生み出すためにルビが使われているヘッドラインが調査對象の半數を超えた。前者にはルビが外國語を示すヘッドラインや、意味を漢字で表記し、本文の音をルビで指定して讀ませるヘッドラインがあった。また後者には、本文とルビによって掛詞や語呂合わせを作るものや、ルビが音とは關係なく本文の說明、注釋をするものなど、ヘッドラインを受信者の心情に訴求させるため、ルビが修辭的に活用されていることがわかった。

참고 자료

없음
  • 구매평가(0)
  • 구매문의(0)
      최근 구매한 회원 학교정보 보기
      1. 최근 2주간 다운받은 회원수와 학교정보이며
         구매한 본인의 구매정보도 함께 표시됩니다.
      2. 매시 정각마다 업데이트 됩니다. (02:00 ~ 21:00)
      3. 구매자의 학교정보가 없는 경우 기타로 표시됩니다.
      4. 지식포인트 보유 시 지식포인트가 차감되며
         미보유 시 아이디당 1일 3회만 제공됩니다.
      상세하단 배너
      우수 콘텐츠 서비스 품질인증 획득
      최근 본 자료더보기
      상세우측 배너
      상세우측 배너
      日本語學,日本語敎育學 篇 : 新聞廣告文のヘッドラインにおけるルビの用法
      페이지
      만족도 조사

      페이지 사용에 불편하신 점이 있으십니까?

      의견 보내기