일본어학(日本語학),일본어교육학(日本語敎育學) 편(編) : 춘계국제심포지엄 ; 인간과 자연의 공생: 환경,언어,지역으로 본 일본문화 : 멀티미디어를 이용한 관찰,모방학습을 통한 일본어 음성교육 연구 -악센트를 중심으로-

저작시기 2011.01 |등록일 2012.02.14 파일확장자어도비 PDF (pdf) | 18페이지 | 가격 5,300원
다운로드
장바구니관심자료
상세신규 배너

* 본 문서는 배포용으로 복사 및 편집이 불가합니다.

서지정보

발행기관 : 한국일어일문학회 수록지정보 : 일어일문학연구 / 78권 / 1호 / 119 ~ 136 페이지
저자명 : 김평강 ( Pyung Gang Kim ) , 고유진 ( Yu Jin Ko )

없음

영어 초록

本稿は、韓國人學習者を對象とする音聲敎育、特に日本語のより自然な驅使能力向上に向けての效果的アクセント習得方案の硏究を目標としている。これを達成すべく取り入れたのはバンデュラの觀察·模倣學習(モデリング)理論であり、マルチメディアを用いたモデリイングをもって學習者の能力とアクセント習得の相關關係を觀察した。なお、文字認識能力がアクセントの習得に與える影響と、モデリング音聲敎育が初級段階から導入された場合の效果を立證しようとした。實驗の際、旣學習歷別に初級と高級に分けて、テキストと映像の提示し方を調節することで、映像模倣によるアクセント習得の效果を觀察することにした。實驗の結果は次の通りである。テキストのみで實驗した場合、または、映像とともにテキストが提供された場合、被驗者たちが、恣意的な判斷により文字を認識し、音にすることが確認された。これは文字言語の習得が音聲言語の習得に必ずしも役立つものではないということを裏付けるもので、むしろ、テキストなしで映像だけ提供された被驗者の方かモデルになった映像の音聲に近い發音ができたことは注目に値する。こういう結果は、日本語音聲敎育を學習初期に導入するほど效果的だといった先行硏究の主張とも一致しているものであり、アクセントの敎育は文字に關する知識のない時から行われた方がより望ましいということが確認されたものともいえる。

참고 자료

없음
  • 구매평가(0)
  • 구매문의(0)
      최근 구매한 회원 학교정보 보기
      1. 최근 2주간 다운받은 회원수와 학교정보이며
         구매한 본인의 구매정보도 함께 표시됩니다.
      2. 매시 정각마다 업데이트 됩니다. (02:00 ~ 21:00)
      3. 구매자의 학교정보가 없는 경우 기타로 표시됩니다.
      4. 지식포인트 보유 시 지식포인트가 차감되며
         미보유 시 아이디당 1일 3회만 제공됩니다.
      상세하단 배너
      우수 콘텐츠 서비스 품질인증 획득
      최근 본 자료더보기
      상세우측 배너
      상세우측 배너
      일본어학(日本語학),일본어교육학(日本語敎育學) 편(編) : 춘계국제심포지엄 ; 인간과 자연의 공생: 환경,언어,지역으로 본 일본문화 : 멀티미디어를 이용한 관찰,모방학습을 통한 일본어 음성교육 연구 -악센트를 중심으로-
      페이지
      만족도 조사

      페이지 사용에 불편하신 점이 있으십니까?

      의견 보내기