일본문학(日本文學),일본학(日本學) 편(篇) : 『일본영대장(日本永代藏)』에 나타난 금전과 "나이듦"의 주제적 의미

최초 등록일
2011.08.09
최종 저작일
2011.08
20페이지/파일확장자 어도비 PDF
가격 5,500원 할인쿠폰받기
판매자한국학술정보(주)
다운로드
장바구니
자격시험 이용후기 이벤트

* 본 문서는 배포용으로 복사 및 편집이 불가합니다.

서지정보

발행기관 : 한국일어일문학회 수록지정보 : 일어일문학연구 / 77권 / 2호
저자명 : 정형 ( Hyung Chung )

영어 초록

「日本永代藏」の序文たる「卷1-1」の卷頭一節で提示される致富條件は若い商人には中中實踐されがたい實存の問題であった。儉約、健康、才覺、元手、予測不可能な幸運(神佛への現世祈願)等の致富條件は複合的に關われておりその裏面には人間の成熟期から老年期における致富と老いとの相關性が見られる。これを描寫する作者の創作意圖をどう捉えるべきかについて本稿では「日本永代藏」「卷4-1(祈るしるしの神の折數)」、後家が主人公に登場する「卷1-3(浪風靜に神通丸)と「卷1-5(世は欲の入札に仕合)」、典型的な2代沒落談である「卷1-2 (二代目に破る扇の風)」「卷3-2(國に移して風呂釜の大臣)」「卷5-3(大豆一粒の光り堂)」等を中心に考察を試みた。作者は致富と老い(年を取るという意味)との連關性を直視している。當時では老年期に當たる40代の歲が內包する老いの肯定的要素は金錢そのものに執着する致富への懷疑や不可知な來世を認識し人生を觀照する成熟さにほかならない。これはまた致富を家業において代代に續けさせられる知惠であり、世俗での金錢への還元のみを志向する現世祈願的信仰への不安を認識することでもあった。作者が彼の第一作の作品「好色一代男」を刊行したのは43才の1684年、「日本永代藏」を出したのは47才(1688年)、實に老いの頂点期であった。「日本永代藏」において致富の條件としての元手と信仰という矛盾的で重層的な當代の現實を<面白おかしく>虛構しようとする方式、卽ち若さに起因する盲目的な致富追求や未熟さによる失敗談や宿命的な沒落談等を數多く虛構化することによって致富における老いの意味を寫實的に形象化できたのは老年期にあった西鶴にとって自然な創作方式であったと言えよう。

참고 자료

없음

자료문의

제휴사는 별도로 자료문의를 받지 않고 있습니다.

판매자 정보

한국학술정보(주)는 콘텐츠 제작에 도움이 되는 솔루션을 기반으로 풍부한 문화 콘텐츠를 생성하여 새로운 삶의 가치를 창조합니다.

본 학술논문은 한국학술정보(주)와 각 학회간에 저작권계약이 체결된 것으로 AgentSoft가 제공 하고 있습니다.
본 저작물을 불법적으로 이용시는 법적인 제재가 가해질 수 있습니다.

상세하단 배너
우수 콘텐츠 서비스 품질인증 획득
최근 본 자료더보기
일본문학(日本文學),일본학(日本學) 편(篇) : 『일본영대장(日本永代藏)』에 나타난 금전과 &quot;나이듦&quot;의 주제적 의미