일본 중세문학에 그려진 여성의 실연(失戀)과 출가

저작시기 2007.01 |등록일 2007.11.01 파일확장자어도비 PDF (pdf) | 16페이지 | 가격 5,100원
다운로드
장바구니관심자료
상세신규 배너

* 본 문서는 배포용으로 복사 및 편집이 불가합니다.

서지정보

발행기관 : 한국일어일문학회 수록지정보 : 일어일문학연구 / 62권 / 1호 / 1 ~ 16 페이지
저자명 : 김선화 ( Seon Hwa Kim )

없음

한국어 초록

出家は日本の女性にとっていかなる意味を持つのであろうか。古代から日本の女性達は樣樣な理由で出家した。平安時代には貴族も含めて卽婚女性が尼になる場合が多く見られる。上層貴族女性の場合の出家の原因は父親や主君の死をきっかけにする場合と自分の病氣を治すために出家する場合が一般的である。中世になると出家する原因がより多樣になり、その中でも夫の死や女性の人間關係(特に男との關係)という內發的な要因が多くなっていく。本稿ではこのように樣樣な出家の樣相が現れる原因はなんであろうか。それが日本の中世を生きる女性の生き方といかに關わっているのであろうかについて考察した。男に捨てられたらそれを恨んで恐ろしい存在になるのではなく、出家することが中世女性に求められた生き方であったと思われる。中世の女性の生き方における、未婚女性の出家は一見失戀の逃避所として認識されやすい。しかし、出家した女性には愛の可能性は排除されるという側面から考えると、彼女らの出家には失戀という動機はあるものの、自らの內發的な意志によって出家を選擇しているということは相手の男に對する積極的な自己表現であると思われる。相手の男との愛情關係が續けられるというその可能性を自ら排除することによって「愛の相手」になれない、尼という宗敎者になることによって<主-從>關係を轉覆していくのである。特に相手の男に自分が出家するということを知らせる行爲はこのような關係を構築していく重要な役割をはたしていると言える。中世の「捨てられた女」が逆に「捨てる女」として變化していく過程に「出家」という行爲が配置されるのである。

참고 자료

없음
  • 구매평가(0)
  • 구매문의(0)
      최근 구매한 회원 학교정보 보기
      1. 최근 2주간 다운받은 회원수와 학교정보이며
         구매한 본인의 구매정보도 함께 표시됩니다.
      2. 매시 정각마다 업데이트 됩니다. (02:00 ~ 21:00)
      3. 구매자의 학교정보가 없는 경우 기타로 표시됩니다.
      4. 지식포인트 보유 시 지식포인트가 차감되며
         미보유 시 아이디당 1일 3회만 제공됩니다.
      상세하단 배너
      우수 콘텐츠 서비스 품질인증 획득
      최근 본 자료더보기
      상세우측 배너
      상세우측 배너
      상세우측 배너
      일본 중세문학에 그려진 여성의 실연(失戀)과 출가
      페이지
      만족도 조사

      페이지 사용에 불편하신 점이 있으십니까?

      의견 보내기