「とはずがたり」의 경어 연구 -경어접두어 「御」과 그 표현형식을 중심으로-

저작시기 2001.01 |등록일 2004.10.30 파일확장자어도비 PDF (pdf) | 14페이지 | 가격 4,900원
다운로드
장바구니관심자료
상세신규 배너

* 본 문서는 배포용으로 복사 및 편집이 불가합니다.

서지정보

발행기관 : 한국일본어교육학회 수록지정보 : 일본어교육 / 19권 / 255 ~ 268 페이지
저자명 : 도기정 ( Do Gi Jeong )

없음

영어 초록

中世敬語の硏究の一環として、『とはずがたり』に用いられている敬語接頭語である「御」を中心にその?み方と「御」に付く敬語の諸形式について考察を行った。これをまとめると次のごとくである。 1)「御-」は後接する語彙によって次のように區別される。 <漢語系> ·[ぎょ] - 一字の漢語に專用しれてあり、敬意の對象も天皇,院,女院に關することがらに限って用いられている。 ·[ご] - 和語に接する例は非常に少なく、本資料においても漢語のみに冠せられている。 <和語系> ·[み] - 「御山」、「御幸」、「御代」、「御與」など、上代以來、[み-]と固定化された形の語彙に用いられている。 ·[おん] - 和語·漢語などすべての語彙に冠せられ、多用されている。 ·[お] - 室町以降は多用されるが、まだその用例が少ない。 2)「御+形容詞」形式においては、平安以來の用法である「御+形容詞の連用名詞形」の用例や「御+名詞+形容詞」形式が見られると同時に、中世敬語の性質の一つである「單純形容詞」に「御」を直接冠したものが7語11例あった、。(「御わづらはし」「御恨めし」「御むつまし」「御ゆかし」「御いたはし」「御おぼつかなし」「御幼し」)しかし。この形式について、「御」が轉寫の際に附加されたという說もあるが、同時代の他の作品からもこの形式が散見されるし、また、室町期の 『御湯殿上日記 』(1477年~)にも多用されることから、鎌倉期のはもうすでに、この用法が用いられていたと考えられる。 3)「御-動詞」形式においては、その代表的はものとして「御-おり」「御-なる」形式があげられるが「御-なる」形式のほうが敬度が高かった。また、「御-おり」の不定形である「御-なし」形式や、そして謙?表現である「御-なる」形式も用いられていて、その中世的な用法の多楊性が認められる。

참고 자료

없음
  • 구매평가(0)
  • 구매문의(0)
      최근 구매한 회원 학교정보 보기
      1. 최근 2주간 다운받은 회원수와 학교정보이며
         구매한 본인의 구매정보도 함께 표시됩니다.
      2. 매시 정각마다 업데이트 됩니다. (02:00 ~ 21:00)
      3. 구매자의 학교정보가 없는 경우 기타로 표시됩니다.
      4. 지식포인트 보유 시 지식포인트가 차감되며
         미보유 시 아이디당 1일 3회만 제공됩니다.
      상세하단 배너
      우수 콘텐츠 서비스 품질인증 획득
      최근 본 자료더보기
      상세우측 배너
      상세우측 배너
      「とはずがたり」의 경어 연구 -경어접두어 「御」과 그 표현형식을 중심으로-
      페이지
      만족도 조사

      페이지 사용에 불편하신 점이 있으십니까?

      의견 보내기