일본문학,일본학 : 소수집단 문학으로서의 재일한국인 문학 -카네시로 카즈키(金城一紀)의 「GO」를 중심으로-

저작시기 2004.01 |등록일 2004.10.29 파일확장자어도비 PDF (pdf) | 21페이지 | 가격 5,600원
다운로드
장바구니관심자료
상세신규 배너

* 본 문서는 배포용으로 복사 및 편집이 불가합니다.

서지정보

발행기관 : 한국일어일문학회 수록지정보 : 일어일문학연구 / 48권 / 2호 / 259 ~ 279 페이지
저자명 : 황봉모 ( Hwang Bong Mo )

없음

영어 초록

本稿はドレズ(Deleuze)とガタリ(Guattari)の「少數集團の文學理論」を通じて、少數集團の文學として在日韓國人文學を硏究したものである。ドレズとガタリは、『カフカ:少數文學のために』という著書の中で、少數集團の文學という槪念の重要性を述べている。これによると、少數集團の文學は「少數集團の言語から成立された文學というより、支配集團の言語圈の中で、少數集團が作り上げる文學である」と定義し、少數集團の文學の重要な特徵として、次の三つを提示している。要するに、それは、言語の脫領土化、少數集團の文學が持っている政治的な性格、發話行爲の集團的配置等である。本稿では、在日3世代の作家である金城一紀の『GO』をもって、在日韓國人文學の現在を考察しようとする。本稿てば、金城一紀の『GO』の中で、ドレズとガタリの少數集團の文學の特徵の政治性と集團とが具體的にどのように表われているか見てみた。 文學は具體的な現實の反映であり、總體的な生の方式を提示する。文學が集團を背景にした話であろうが、個人的な話であろうが、そこには必ず人間たちの異る生き方が前提されている。ここでは、集團の權力について考えてみた。『GO』の中で樣??な集團が出てくる。その集團は、日本民族といった多數集團から民族學校として代表される少數集團まで、各集團は各??集團としての勸力を持っている。多數集團はそれに合せた權力を持っているし、少數集團も、やはりそれに合せた權力を持っている。問題は持っている力の差異なのである。たとえ少數集團であるが、友たちが安定された集團の中で、その權力を通して今の現實を變えようとするのに對して、杉原は自分がアボジに敎えられた拳鬪のように、安定した門から拔け出て、より果敢な方法を考えている。杉原はアボジにこの勇氣を敎わった。要するに、杉原と正一,元秀、そして宮本が今の現實を變えようとする心は同じである。ただ、杉原と正一、元秀、そして宮本は現實をえる方法が違うのである。杉原は、彼等とは違う方法を考えているのである。 結局、杉原が考えているのは、日本人の友達の櫻井を通じた關係であるといえよう。杉原は、同じ民族である朝總連と民團との「在日」靑年だけの會でない、櫻井のような日本人も一緖に參加する會、要するに國籍と民族と人種と宗敎とを越える會を考えていると見られる。金成は『GO』の中で、杉原を通じて支配民族の日本人と少數集團の在日韓國人、そして他の少數集團の人ががみんな同等な立場に立みつ時、始めて新しい世界が開かれると見ている。金城は『GO』の中で、その可能性について話しかけているといえよっ。

참고 자료

없음
  • 구매평가(0)
  • 구매문의(0)
      최근 구매한 회원 학교정보 보기
      1. 최근 2주간 다운받은 회원수와 학교정보이며
         구매한 본인의 구매정보도 함께 표시됩니다.
      2. 매시 정각마다 업데이트 됩니다. (02:00 ~ 21:00)
      3. 구매자의 학교정보가 없는 경우 기타로 표시됩니다.
      4. 지식포인트 보유 시 지식포인트가 차감되며
         미보유 시 아이디당 1일 3회만 제공됩니다.

      찾던 자료가 아닌가요?아래 자료들 중 찾던 자료가 있는지 확인해보세요

      상세하단 배너
      우수 콘텐츠 서비스 품질인증 획득
      최근 본 자료더보기
      상세우측 배너
      상세우측 배너
      상세우측 배너
      일본문학,일본학 : 소수집단 문학으로서의 재일한국인 문학 -카네시로 카즈키(金城一紀)의 「GO」를 중심으로-
      페이지
      만족도 조사

      페이지 사용에 불편하신 점이 있으십니까?

      의견 보내기