삼도유기부 『짐승의 장난질』론 - 작품의 구성과 소재에 관한 고찰 -

저작시기 2003.01 |등록일 2004.10.29 파일확장자어도비 PDF (pdf) | 17페이지 | 가격 5,200원
다운로드
장바구니관심자료
상세신규 배너

* 본 문서는 배포용으로 복사 및 편집이 불가합니다.

서지정보

발행기관 : 한국일어일문학회 수록지정보 : 일어일문학연구 / 47권 / 2호 / 369 ~ 385 페이지
저자명 : 허호 ( Heo Ho )

없음

영어 초록

三島文學の中で中期後半の作品に屬する『獸の戱れ』は、『金閣寺』や『鏡子の家』を經て三島が人氣作家として確固たる地盤を固めた時期、つまり円熱氣と言える三十代後半の作品である。 從って複雜な筋を難なく展開させる構成力、華麗な文章を自在に使した風景描寫など、いかにも三島の作家としての手腕を遺憾なく發揮しているかのように見える。しかしもう少し群しく立ち人って考察してみると、書き下ろし長編として書かれたとは言うものの目新しいところは殆ど認められず、構成も內容も登場人物たも、その始どか人の作品から借りたものであるか、もしくはかつて三島本人が阿度も繰り返し用いたことのあるものばかりである。 川端康成の推薦を受けて「煙草」で日本文壇にデビュ-した當時から、人の作品を模倣していた三島であるが、それは單なる摸倣ではなく、典據になった作品を超えるほどの斬新さもふんだんに含んでいたから、靑年作家三島由紀夫の實力が認められたのである。 ことろが『獸の戱れ』の場合、谷崎潤一郞の『春琴抄』や太宰治の『人間失格』を眞似た構成に、かつて三島自身が何度も用いたことのあるスト-リ-を接木し、華麗な文章でその表を飾り立てたに過ぎなかったのである。 これは、それまで東西古今を問わずあらゆるところから素材を搔き集めて來て作品化した三島の創作方法を最も典型的に表わすとともに、そのような方法に賴ってきた三島文學の限界をも露見したとも言えるのである。 文學におけるこのような限界が晩年の三島に、新しいテ-マを求めてナショナリズムに走らせる原因の一つになったのであろうが、そもそも三島文學が人から借りたものを旨く應用して新しいものを作り出す、まるで鍊金術のような文學だったことを念頭に置くと、「煙草」から『獸の戱れ』に至るまでの十五年間の三島文學の軌跡がもっと鮮明に浮んでくるような氣する。 從って、『獸の戱れ』は、作品の出來具合はともかく、その作品分析を通して三島文學の實態を把握するには恰好のサンプルになっていると言えよう。

참고 자료

없음
  • 구매평가(0)
  • 구매문의(0)
      최근 구매한 회원 학교정보 보기
      1. 최근 2주간 다운받은 회원수와 학교정보이며
         구매한 본인의 구매정보도 함께 표시됩니다.
      2. 매시 정각마다 업데이트 됩니다. (02:00 ~ 21:00)
      3. 구매자의 학교정보가 없는 경우 기타로 표시됩니다.
      4. 지식포인트 보유 시 지식포인트가 차감되며
         미보유 시 아이디당 1일 3회만 제공됩니다.

      찾던 자료가 아닌가요?아래 자료들 중 찾던 자료가 있는지 확인해보세요

      더보기
      상세하단 배너
      우수 콘텐츠 서비스 품질인증 획득
      최근 본 자료더보기
      상세우측 배너
      상세우측 배너
      상세우측 배너
      삼도유기부 『짐승의 장난질』론 - 작품의 구성과 소재에 관한 고찰 -
      페이지
      만족도 조사

      페이지 사용에 불편하신 점이 있으십니까?

      의견 보내기