만엽집에 나타난 한국은 당인가?

저작시기 2002.01 |등록일 2004.10.29 파일확장자어도비 PDF (pdf) | 22페이지 | 가격 5,700원
다운로드
장바구니관심자료
상세신규 배너

* 본 문서는 배포용으로 복사 및 편집이 불가합니다.

서지정보

발행기관 : 한국일어일문학회 수록지정보 : 일어일문학연구 / 42권 / 2호 / 27 ~ 48 페이지
저자명 : 배정웅 ( Bae Jeong Ung )

없음

영어 초록

集中の卷十九端の四二四○·四二六二番歌の「韓國」という語??を唐と解釋できるかどうか. なぜ題訶と歌の內容の違う矛盾が發生したのか. 結論から先なに言うと. 傳承歌類鉛(四二四○·四二六二)と見た. 四二四○番歌は藤原太后と書術いてあるが歌には唐の代はりに韓國を用いている矛盾を犯している. 皇后の作の前に憶良の遺唐使のための作た「好去好來歌」(卷五·八九四~六)の中`で明確に唐と表記してモロコシと訓かんでいる. 「太平五年, 贈入唐使歌一首」(四二四五○~六)に「日入國??」という表現も用いている. これは言うまでもなく唐をあらわしている. このように唐をさす語??とか表現を明確に用いて韓國と區別しているのに. 突然その後の作に韓國をもって唐をあらわしている. こわはたいへんおかしい. そこで思いだしたのは遺新羅使人の145首(卷十五·三五七八~三七二二)である. その中で新羅を寒國と訓んでいる(それに題訶の新羅と作品の中の新羅の語??も一致してこることを見逃してはならない). すなわち四二六二番歌は. 大伴古慈悲宿??の家で遺唐使のために多治比眞人??主が作者のわからない古歌類を歌い(遺新羅使人たちも古歌類っている), それを大伴宿??村上·同淸繼らが傳誦したとみたい. 四二四○番歌も同じく作者のわからない古歌類を皇后が歌ったが, それを傳誦した結果の矛盾とみるべきであろう. すなわちこの2首は, 韓國との關わりを歌った古歌が傳承のあいだ遺唐使のための歌になり, 韓國を解釋する矛盾を犯した. しかし本來の2首のあり方に卽して言えばこれは遺唐使のための歌ではない. このように矛盾している歌を根據にして集中の36首38回のカラの用例を唐と解釋するのは間違いであることを論じた.

참고 자료

없음
  • 구매평가(0)
  • 구매문의(0)
      최근 구매한 회원 학교정보 보기
      1. 최근 2주간 다운받은 회원수와 학교정보이며
         구매한 본인의 구매정보도 함께 표시됩니다.
      2. 매시 정각마다 업데이트 됩니다. (02:00 ~ 21:00)
      3. 구매자의 학교정보가 없는 경우 기타로 표시됩니다.
      4. 지식포인트 보유 시 지식포인트가 차감되며
         미보유 시 아이디당 1일 3회만 제공됩니다.
      상세하단 배너
      우수 콘텐츠 서비스 품질인증 획득
      최근 본 자료더보기
      상세우측 배너
      상세우측 배너
      상세우측 배너
      만엽집에 나타난 한국은 당인가?
      페이지
      만족도 조사

      페이지 사용에 불편하신 점이 있으십니까?

      의견 보내기