문학,일본학 : 아리시마 타케오(有島武郞)에 있어서 "국가"의 의미 - 러일전쟁과 조선침략에 대한 태도에 중심으로 -

저작시기 2003.01 |등록일 2004.10.29 파일확장자어도비 PDF (pdf) | 25페이지 | 가격 6,000원
다운로드
장바구니관심자료
상세신규 배너

* 본 문서는 배포용으로 복사 및 편집이 불가합니다.

서지정보

발행기관 : 한국일어일문학회 수록지정보 : 일어일문학연구 / 45권 / 2호 / 173 ~ 197 페이지
저자명 : 류리수 ( Lyu Li Su )

없음

영어 초록

有島武郞は`個性`に深く沒頭した作家でありながら, `社會`との關係の中で藝術家の意味を探していた.このように社會的な視線を持っていたにも係わらず, 彼の作品や評論等では, 戰爭を通じて對外的に膨脹して行こうとする日本の行態に對して全然觸れてない. そのため, 他の自樺派の同人と同樣に社會を背けて理想世界だけを追求した觀念的な作家に過ぎないと誤解されやすい.しかし, 彼が思想を形成し始めたアメリカ留學時代の前後, 彼の私的な日記や手紙等から日本の軍國主義及び帝國主義に對する激烈な苦惱や否定に會うことが出來る. 熱烈なキリスチャンである有島は, 軍隊生活を體驗して國家を徹底に否定するようになる.ところがアメリカ留學中,日露戰爭の便りに對しては普通の日本人とあまり異ならなく. 有利な故國の戰況を喜ぶ.その中,トルストの非戰論とクロポトキンの無政府主義に深く打たれて, `博愛心と愛國心とは兩立できない`ということを覺るようになる.弱小國を侵奪する帝國主義,資本主義の日本,因習や傳統を强いる日本を否定する`個`の思想を固めて歸國する.しかし, 日本の自然に懷しさを强く感じ, 彼が對蹠すべき`日本-家-父`と固く握手する.卽ち, 有島武郞において國家とは, `無`として否定されるべき權威的な國家でもあり, 愛すべき美しい自然と血肉の情としての國家でもある.有島を迎えた日本は朝鮮を侵奪していた. 彼は朝鮮を同情す一方,日本の侵略を西歐の帝國主義と同じものと普遍化させる. 以上のように, 有島は理性的には否定しながら心情的には愛する`國家`を求うために苦鬪したのである.その朝鮮の救濟策として彼は心??の救濟を救めたが,それは結局日本の救濟策でもあり,人類の救濟策でもある.この救濟策は`內面的な要求が前提された時のみ,社會の改造が可能になる`という彼の思想に發展する.それは個??の個性によって本能的生活をする常習的反逆者であり,人生の無政府主義者である`自由人(loafer)`を追求するようになり,その思想は彼の人生や作品の軸を成している.

참고 자료

없음
  • 구매평가(0)
  • 구매문의(0)
      최근 구매한 회원 학교정보 보기
      1. 최근 2주간 다운받은 회원수와 학교정보이며
         구매한 본인의 구매정보도 함께 표시됩니다.
      2. 매시 정각마다 업데이트 됩니다. (02:00 ~ 21:00)
      3. 구매자의 학교정보가 없는 경우 기타로 표시됩니다.
      4. 지식포인트 보유 시 지식포인트가 차감되며
         미보유 시 아이디당 1일 3회만 제공됩니다.

      찾던 자료가 아닌가요?아래 자료들 중 찾던 자료가 있는지 확인해보세요

      상세하단 배너
      우수 콘텐츠 서비스 품질인증 획득
      최근 본 자료더보기
      상세우측 배너
      상세우측 배너
      상세우측 배너
      문학,일본학 : 아리시마 타케오(有島武郞)에 있어서 "국가"의 의미 - 러일전쟁과 조선침략에 대한 태도에 중심으로 -
      페이지
      만족도 조사

      페이지 사용에 불편하신 점이 있으십니까?

      의견 보내기