일본대중문화의 세계화현상에 대한 일고찰 -만화와 애니메이션을 중심으로-

최초 등록일
2020.01.07
최종 저작일
2020.01
23페이지/파일확장자 어도비 PDF
가격 5,800원 할인쿠폰받기
판매자한국학술정보(주)
다운로드
장바구니
자격시험 기출문제 무료로 풀어보고 커피 한잔 어때요?

* 본 문서는 배포용으로 복사 및 편집이 불가합니다.

서지정보

발행기관 : 한국일본어문학회 수록지정보 : 일본어문학 / 55권
저자명 : 임경택

한국어 초록

本稿は、日本のマンガとアニメがグロバル化する過程について分析している。1970年代以降、日本の大衆文化がアジアやアメリカ、そしてヨーロッパなどに浸透し、1990年代には全盛期を向かえており、今はその主人公たちの名前が世界の若者たちに共通語になっている。ところで、マンガ・アニメの海外進出があくまでも現地主導で行われていたことから、これまでなされてきた「文化の世界化」に関する議論に新たな視点を提供することを目的としている。日本のマンガとアニメは、多様なキャラクターとストリラインという内容が充実している点がもっとも魅力であった。さらに、特記すべき点は三つほどある。第一に、イメージ連合の存在である。人気のあるキャラクターの協同利用を核とし、生産販売から流通まで、多岐にわたる業種を含む収益拡大の構造である。その構造が新しい文化産業の仕組みを生み出したのである。第二に、海外のファンは、マンガやアニメのリテラシーを習得し、文化の輸入がスムースに行われるようになった。第三に、都市における中間層が基盤になって海外進出を容易にした。なお、日本のマンガやアニメの世界化(globalization)は、同時に多様な地域化でもある現象が起きている。需要者側の自発的な努力によって、現地になじみやすいジャンルとして定着しているのである。本研究で行っている現地中心の分析は、「韓流」の世界化を進めている韓国の大衆文化政策にも一定の示唆を与えてくれるであろう。

참고 자료

없음

자료문의

제휴사는 별도로 자료문의를 받지 않고 있습니다.

판매자 정보

한국학술정보(주)는 콘텐츠 제작에 도움이 되는 솔루션을 기반으로 풍부한 문화 콘텐츠를 생성하여 새로운 삶의 가치를 창조합니다.

본 학술논문은 한국학술정보(주)와 각 학회간에 저작권계약이 체결된 것으로 AgentSoft가 제공 하고 있습니다.
본 저작물을 불법적으로 이용시는 법적인 제재가 가해질 수 있습니다.

상세하단 배너
우수 콘텐츠 서비스 품질인증 획득
최근 본 자료더보기
일본대중문화의 세계화현상에 대한 일고찰 -만화와 애니메이션을 중심으로-