1980년대 한국 반공해운동의 전개와 일본 반공해운동과의 관계

저작시기 2013.08 |등록일 2015.12.24 파일확장자어도비 PDF (pdf) | 13페이지 | 가격 6,000원
다운로드
장바구니관심자료
상세신규 배너

* 본 문서는 배포용으로 복사 및 편집이 불가합니다.

서지정보

발행기관 : 한국일본학회 수록지정보 : 일본학보
저자명 : 정유경

목차

要旨
1. 머리말
2. 1980년대 한국의 사회적 · 경제적 상황과 온산병의 발생
3. 한국 공해문제연구소의 발족과 반공해운동의 전개
4. 일본의 공해에 대한 인식과 반공해운동과의 관계
5. 맺음말
참고문헌

영어 초록

1980年代の韓?では、高度??成長を背景に産業化が進み、??な公害問題が?生した。韓?の南東部に位置する?山工業?地は?時の政?の??政策の中で造成され、1974年に操業が始まった。1983年頃からこの?山公?で原因のわからない奇病の症?が居住住民に現れ、公害病ではないかという疑問が生じ、やがて1985年、韓?の新聞に‘?山公?の住民約500人にいたいいたい病のような症?が現れた’と報道された。これを機に公害問題は社?的に?心を呼び起すようになった。
いわゆる‘?山病’とはばれるこの病?が?生する以前から韓?では反公害運動の組織が?足され、?山病の原因究明や被害住民の補償問題などを巡り活動を?げていた。1982年?足した韓?公害問題?所は反公害運動を展開した韓?最初の民間運動組織である。しかしながら、?時の韓?は軍部?裁政?の支配下におかれており、反公害運動を展開するための政治的機?が限られていた。しかも?時の政?の??政策を非難するようなことは禁じるべきことであり、???展のために公害はある程度やむを得ないという認識が?い時期であった。
このような社?的 · 政治的?況の中で韓?公害問題?究所は?山病を巡る運動を進めていったが、運動の展開過程の中には日本の公害病や公害問題を意識し、日本の反公害運動との?係も形成していた。日本は韓?より早い段階で???展を成し遂げ、水?病に?する?究や運動家として著名な故原田正純先生を始め日本の調査?が1986年10月に?山公?を訪問し原因調査を行った。一方、?時韓?の工業?地には日本との合?企業が多く操業していたが、日本の企業は日本での反公害の世論に押しきられ自?の公害産業を整理し、外?投資の誘致に熱心であった。日本による公害企業の輸出に?して韓?公害問題?究所は批判的な態度をとっていた。
このような考察を通して韓?の反公害運動の展開には日本の公害病や公害問題が影響しており、?連していることを明らかにした。

참고 자료

없음

구매평가

판매자에게 문의하기 최근 구매한 회원 학교정보 보기

ㆍ다운로드가 되지 않는 등 서비스 불편사항은 고객센터 1:1 문의하기를 이용해주세요.
ㆍ이 자료에 대해 궁금한 점을 판매자에게 직접 문의 하실 수 있습니다.
ㆍ상업성 광고글, 욕설, 비방글, 내용 없는 글 등은 운영 방침에 따라 예고 없이 삭제될 수 있습니다.

문의하기

판매자 정보

본 학술논문은 (주)누리미디어와 각 학회간에 저작권계약이 체결된 것으로 AgentSoft가 제공 하고 있습니다.
본 저작물을 불법적으로 이용시는 법적인 제재가 가해질 수 있습니다.

상세하단 배너
우수 콘텐츠 서비스 품질인증 획득
최근 본 자료더보기
상세우측 배너
1980년대 한국 반공해운동의 전개와 일본 반공해운동과의 관계
페이지
만족도 조사

페이지 사용에 불편하신 점이 있으십니까?

의견 보내기