1950년대 ‘기록운동’과 ‘기지일본’의 표상

저작시기 2013.12 |등록일 2014.07.21 | 최종수정일 2018.11.14 파일확장자어도비 PDF (pdf) | 26페이지 | 가격 6,000원
다운로드
장바구니관심자료
상세신규 배너

* 본 문서는 배포용으로 복사 및 편집이 불가합니다.

서지정보

발행기관 : 한국일본사상사학회 수록지정보 : 일본사상 / 25권
저자명 : 서동주

목차

Ⅰ. 머리말
Ⅱ. ‘생활기록’ 속의 반전ㆍ평화
Ⅲ. 기지로 향하는 지식인들-기지 르포르타주
Ⅳ. ‘나’의 기록과 ‘우리’의 평화-기록운동의 정치적 상상력
Ⅴ. 맺음말
〈참고문헌〉
要旨

영어 초록

本稿の目的は、1950年代における職場と地域を?点として大衆的に展開された「記?運動」を「平和運動」の視点からその?史的意味を再考し、とりわけ記?運動が表わした「個人と共同?」あるいは「芸術と政治」の間の前例のない「密着」を可能にした、この時代の固有な?件を探求することである。1950年代は「記?運動」の時代であると同時に、「基地反?運動」が全?的な規模で行なわれた時代でもある。そして、運動としての記?と基地という現?が出?うところで「反?と平和」それから「基地反?」を主題にした?多くの記?物が生産された。その中でも、「私」の記?から出?した生活記?と基地周?の住民による手記などで見るように、この時代の記?運動は何より?事者としての「私」を理想的な主?として見なしていた。また、基地反?運動という現場に向かって走り出した芸術家たちの?子は、この時代の記?運動が個人と集?との?係のみならず、芸術と政治の密着が?現されたことを示している。私的な記?が平和や反?のような公の理念と直結させる想像力という問題を考える時、「基地」の存在を見逃すことはできない。というのは「私から世界への飛躍」、「透明な共感の共同?」そして「悲劇の交換可能性」といった1950年代の記?運動が?包していた想像力は、貧困と基地という普遍的で?倒的な現?なしには生まれることができなかったと考えるからである。その意味で、基地は?なる時代的?件のような曖昧で抽象的な背景ではなく、1950年代の記?運動を支えた論理や?理を可能にした不可欠な?件であったといえよう。

참고 자료

없음
  • 구매평가(0)
  • 구매문의(0)
      최근 구매한 회원 학교정보 보기
      1. 최근 2주간 다운받은 회원수와 학교정보이며
         구매한 본인의 구매정보도 함께 표시됩니다.
      2. 매시 정각마다 업데이트 됩니다. (02:00 ~ 21:00)
      3. 구매자의 학교정보가 없는 경우 기타로 표시됩니다.
      4. 지식포인트 보유 시 지식포인트가 차감되며
         미보유 시 아이디당 1일 3회만 제공됩니다.
      상세하단 배너
      우수 콘텐츠 서비스 품질인증 획득
      최근 본 자료더보기
      상세우측 배너
      상세우측 배너
      상세우측 배너
      1950년대 ‘기록운동’과 ‘기지일본’의 표상
      페이지
      만족도 조사

      페이지 사용에 불편하신 점이 있으십니까?

      의견 보내기