한·일 제과 브랜드명에 대한 연구 ―조어, 造語를 중심으로―

등록일 2016.07.15 파일확장자어도비 PDF (pdf) | 14페이지 | 가격 4,900원
다운로드
장바구니관심자료
상세신규 배너

서지정보

발행기관 : 한국일본근대학회 수록지정보 : 일본근대학연구 / 29권
저자명 : 권익호 , 윤사연

영어 초록

生活の中で使われている語彙を硏究することは、同一言語を使用する人人の實體はもちろん、その中に現れる言語特性を考察できる優れた方法である。特に今日のような言語習慣を如實に現わし、時代的流れに沿った同一言語を使用する人人の意識を生活の中で、それらの特徵を顯著に表現するものの一つであるブランド名を考察することは、その特定分野の言語特性をさらに深く鑑みることである。本稿では、樣樣な分野のブランド名の中でも製菓を對象に考察を行った。製菓は老若男女問わず容易に入手できるものであり、文字という視覺的な点と硏究的アプロ―チがしやすいという理由に加え、ある時代の言語の流れを反映しているため同一言語を使用する人人の言語使用實體と言語特性に對して把握しやすいという点も擧げられる。分析方法は、「表記別」「形態別」に分け、これらを韓國と日本の製菓ブランドに適用した。表記別では、韓日兩國の母語, 韓國はハングルと漢字、日本は平反名、片反名、漢字に對して分析を行った。形態別では、製菓ブランド名は混成語、略語、派生語に分け、考察を行った。
  • 구매평가(0)
  • 구매문의(0)
      최근 구매한 회원 학교정보 보기
      1. 최근 2주간 다운받은 회원수와 학교정보이며
         구매한 본인의 구매정보도 함께 표시됩니다.
      2. 매시 정각마다 업데이트 됩니다. (02:00 ~ 21:00)
      3. 구매자의 학교정보가 없는 경우 기타로 표시됩니다.
      4. 지식포인트 보유 시 지식포인트가 차감되며
         미보유 시 아이디당 1일 3회만 제공됩니다.
      상세하단 배너
      우수 콘텐츠 서비스 품질인증 획득
      최근 본 자료더보기
      상세우측 배너
      추천도서yes24
      다음
      한·일 제과 브랜드명에 대한 연구 ―조어, 造語를 중심으로―