[일본사] 일본 근대

등록일 2003.06.01 한글 (hwp) | 2페이지 | 가격 1,000원

소개글

일본고도경제성장의 배경

본문내용

日本は、50年代の初め人口の 40%が農業に?事、 大?? 短大の進?率がわずか 20%に過ぎなかった。1950~1953年にわたった‘韓???’の特殊と、1955年、世界的の景?の上昇期をむかえ、輸出の大幅に?大された。そしてインフレ?ションのない??の?展で、1955年以後驚きべきの高度成長を成して?た。

?民?生産(GNP)は 1955年 8兆6236億 円、65年 31兆7929億 円、1970年には世界の 6%に達した。?質??成長率は 1955年から 1964年に至るまで、年平均 10.1%を記?することなど、特に設備投資の?大は著しくて、民間設備投資率が高かった年を見れば1956年 55%, 57年 35%, 60年44%, 61年 41%を記?した。日本の固定資本形成の比重は民間、政府部門で由?がないぐらいに高くなったが、反?に、個人消費支出は極めて低くなった。 注目すべきことは大規模的で持?的な設備投資を基盤で持?的な高度成長が登場したということだ。
      최근 구매한 회원 학교정보 보기
      1. 최근 2주간 다운받은 회원수와 학교정보이며
         구매한 본인의 구매정보도 함께 표시됩니다.
      2. 매시 정각마다 업데이트 됩니다. (02:00 ~ 21:00)
      3. 구매자의 학교정보가 없는 경우 기타로 표시됩니다.
      최근 본 자료더보기
      추천도서