[일본] 在日コリアン

등록일 2002.12.16 한글 (hwp) | 3페이지 | 가격 7,000원

소개글

원저작자는 저입니다.
글을 읽어보시면 아실텐데,, 쩝~

목차

없음

본문내용

一番大きな要因は1番の"心理的要因"だと思う.生まれは日本でも受け繼がれた,無形の何かが(歸化をこばむ,受け入れない精神)そうさせるのだろう.在日コリアンの間の結束力,歸屬意識は强い(この結束力が歸化への道を拒ませるのも大きな要因としてみられる.この中で解消すれば,狹いながらも歸屬の問題は解消されることもありえる).しかし彼らは在日韓國·朝鮮人社會に强い歸屬意識を持っておりながらも,それが韓國·朝鮮になるのは難しいようにみえる.なぜなら,彼ら自身も祖國に對する歸屬意識を持てないのとともに,祖國にいる人もどうしても彼らをまったく同じ民族としてはみれないからである.歸屬意識というものは,同胞意識があってこそもてるものである.異なる言語,異なる文化,異なる思考方式をもつ人,そして同じ民族であることを兩者ともに認識不足の場合,同胞意識をもつようにいわれても無理がある.次は,民族意識についての調査をみてみる."韓國·朝鮮人として生まれてよかった"と思う人は38%,"生まれなければよかった"が14%,そのほかは"わからない"という答えだった.これはそもそも,質問からがまちがっている."在日韓國·朝鮮人として生まれてよかった"という質問ではなく,"韓國·朝鮮人として生まれてよかった"と質問すべきではないのか.質問からして在日コリアンを,祖國とは分けて考えているということがわかる.彼らは韓國人だが,日本に生まれたのであり,"在日韓國.·朝鮮"で生まれたわけではないのである.
      최근 구매한 회원 학교정보 보기
      1. 최근 2주간 다운받은 회원수와 학교정보이며
         구매한 본인의 구매정보도 함께 표시됩니다.
      2. 매시 정각마다 업데이트 됩니다. (02:00 ~ 21:00)
      3. 구매자의 학교정보가 없는 경우 기타로 표시됩니다.
      최근 본 자료더보기
      추천도서