[일본어] 학력편차에 대해서...

등록일 2002.11.10 한글 (hwp) | 1페이지 | 가격 500원

목차

없음

본문내용

學歷社會というのは,私が子供の時からいままでずっと聞いている言葉である.私も中學校時代,親と先生から「勉强する.勉强して.」ということを聞きながら生じた.それのおかげか,私は春川高校という江源道で高いレベルの高校を進學した.高校のレベルに比べて今,私が通っている大學のレベルはあまり高くない.私の友だちの中で,大學さえ高いレベルのところへ入った人もいる.高校時代までは成績以外のことは同じだったのに...今,私とその人の間,ちょっと學歷差ができたのは事實である.でも,私は今の大學に滿足している.
私は「偏差」というのは國語,英語,數學だと思っている.いろいろな學校の偏差は前の3つで決っているらしい.それだけではなくて,この3つが上手だったら,できないことがない.人が生
      최근 구매한 회원 학교정보 보기
      1. 최근 2주간 다운받은 회원수와 학교정보이며
         구매한 본인의 구매정보도 함께 표시됩니다.
      2. 매시 정각마다 업데이트 됩니다. (02:00 ~ 21:00)
      3. 구매자의 학교정보가 없는 경우 기타로 표시됩니다.
      최근 본 자료더보기
      추천도서