[일본] 반일감정에 대하여

등록일 2002.10.03 MS 워드 (doc) | 3페이지 | 가격 1,000원

목차

I。 序論

II。 本論
1。感情の概念と特性
2。憤怒

본문내용

韓国人が持っている反日感情が一体何であり、どう変貌(へんぼう)されたし、それからその変貌された原因は何かをよくみて反日感情の理解を助けようとするのだ。まず反日感情に対して主体は韓国人個人または韓国人全体であり、その対象は国家での日本または日本政府だ。 過去の歴史的事実の行為者として、それから政治的な妄言で韓国人を腹立つようにする日本を言うのだ。それから一般的な感情の概念と特性について調(しら)べて、その中の反日感情と関連がもっとも深い憤怒という感情に対して分析してみて、反日感情を深い考(かんが)えようとする。いろいろな歴史的事件のため出来た最初感情と、その後韓国人が持つようになった警戒意識、劣等感、などの付加した2次的な感情を区分して説明を広げてねその解決策を模索することだ。 それから韓国人自分自身主体的立場になって、 2次的な感情の 克服(こくふく)しようとする努力をして日本と韓国のパートナーシップの姿を発展される可能性を探してみようとする。

참고 자료

1。韓国人はなぜ韓日戦にそう熱を上げるか?
韓国人はなぜ一日ワールドカップ共同開催国である日本を応援しないか?
2.現代に持っても日本の幾つ政治家達の政治的な妄言は韓国人に反日感情を刺激させている。
一方では21世紀新しいパートナーシップ共同宣言もしました。日本はどんな歷史意識?
このような政治的な妄言を幾つ政治人の個人的な発言で取り扱えばするか?
政府の公式的立場で取り扱えばするか?
      최근 구매한 회원 학교정보 보기
      1. 최근 2주간 다운받은 회원수와 학교정보이며
         구매한 본인의 구매정보도 함께 표시됩니다.
      2. 매시 정각마다 업데이트 됩니다. (02:00 ~ 21:00)
      3. 구매자의 학교정보가 없는 경우 기타로 표시됩니다.
      최근 본 자료더보기
      추천도서